タモリ倶楽部のナレーションが変わった理由!いつから誰に?違和感が


長年見続けている人も多いであろうタモリ倶楽部のナレーションが変わったことをご存知でしたか?
突然のナレーション交代で戸惑った人も多いと思いますが、実は密かにいつもの人が降板していたのです!

ネット上では、タモリ倶楽部のナレーションに関する驚きの声が多数上がっています。
いつから変わったのか?今は誰が担当しているのか?その理由は?
気になる疑問について見ていきます。


スポンサードリンク

 

タモリ倶楽部のナレーションが変わった?

話題となったのは、4月6日に放送された回でした。
この日は、付録つき雑誌・デアゴスティーニの本社に潜入するというテーマでお送りしていたのですが、放送の途中に突然異変が発生しました。

そう、ナレーションの声が突然別人となったのです!

番組開始5分での出来事でした。
5分間はいつもの声が聞こえていたのですが…
結局、冒頭部分と次回予告以外は慣れない声での放送となり、視聴者は困惑してしまいました。

この「いつもの声」は、番組開始から36年間担当している武田広さんの声です。
これほどの長い期間を担当していただけに、視聴者の気づきはさすがに早いですね!

Twitterでも騒然となりました。




スポンサードリンク

 

いつから誰が担当している?

突如として交代したナレーションですが、新しい方は増谷康紀さんといいます。
4月8日には自身のTwitterであいさつもしていました。


問題となった放送日が4月6日ということで、やはり4月からの交代だったようです。

過去にナレーションを担当した番組はというと、

・ガキの使いやあらへんで!
・スッキリ!!
・林修の今でしょ!講座
・ひるおび!
・とんねるずのみなさんのおかげでした

などなど、実に49もの番組に出演されていました!

ナレーション以外の作品についても見てみましょう。
アニメ声優としても活動していたのですが、調べてみたところ、主役級のキャラクターは担当しておらず、どちらかというと脇役キャラの声を務めることが多かったみたいですね。

それでも、
・スラムダンク
・キテレツ大百科
・美少女戦士セーラームーンS
・ドラゴンボールZ
・ワンピース

などといった有名作品へ出演はもちろん、今話題となっている「ママレード・ボーイ」のアニメ版でも声優を務めていました。


スポンサードリンク

 

ナレーション交代の理由は?

今までナレーションを務めていた武田広さんは、どういう理由で降板されたのでしょうか。

今のところ、テレビ朝日から正式なコメントが発表されていないため、理由自体は公にはなっていないようです。
ウワサですが、体調不良や病気による降板だと考えられているようです。

6日放送の回では冒頭部分のみ担当しているため、ナレーション収録途中での体調不良による交代ではないかとの説が有力なようですね。
武田さんは現在68歳ということもあり、年齢的にも不思議ではないです。

タモリ倶楽部のファンの方々からは、武田さんの降板を惜しむ声が止まりません。
そんな中で新しく担当する増谷康紀さんにはぜひ頑張って欲しいですね!

まとめ

・番組途中でいきなりナレーションが交代
・4月から増谷康紀さんが担当
・武田広さんは体調不良か

タモリ倶楽部の放送初回からナレーションしている武田広さんの声が聞けなくなるのは非常に残念なことですね。
番組とともに36年間歩んできたわけですが、ここらへんが引き際なのでしょうか。
後を継ぐのは大変なことですが、増谷康紀さんはそれだけ期待されているということですね!

 

スポンサードリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このエントリーをはてなブックマークに追加