田村淳不合格の今後は?来年は再受験リベンジ?合格ラインの点数は


青山学院大学の受験にチャレンジしていたロンドンブーツの田村淳さんが、全ての入試日程で不合格となったことがわかりました。

全学部入試の不合格に続き、個別学部日程で受験に挑んだ4学部でも不合格となったようです。

残念な結果に終わってしまいましたが、来年の再受験の可能性はどのくらいあるのでしょうか?

本人の発言を元にまとめてみました。

また、再受験が選択肢に出てくるほどの強い意志は、どういった理由で湧いてくるのでしょうか?

お笑い芸人の田村淳さんが見せた真剣な姿勢の秘密に迫っていきます!


スポンサードリンク

 

受験をした理由は?

そもそも、今回の青山学院大学への受験はどういった理由で決断したのでしょうか?

この理由を知ることで、再受験への思いがどのくらいあるのかわかるかと思います。

なんでも、淳さんは「ルール作りの仕組みを知りたい」という気持ちがあって、法律に興味を持ったといいます。

時代の変化につれ、新たなルールが次々と作られているテレビ業界にいるからこそ、このような思いが生まれたのでしょうね。

淳さんは「ルールを破りがちな人」だと自分で認めているのですが、ルールを破れる人というのは、ルールを知り尽くしている人だとも見れますよね。

だからこそ、テレビで面白いことを追求できるのだと思います。

そんな淳さんは、「ルールの範囲がわかれば、もっとギリギリを攻めれる。」という主旨の発言をしていますからね。

より面白いことをするために、今回の受験に臨んだということです。


スポンサードリンク

 

田村淳の点数は?合格ラインは?

さて、淳さんのセンター試験の点数は何点だったのでしょう?

明確な点数は明かされていないのですが、だいたいの数字は明かされています。

その点数がこちら!

日本史 60/100点
国語 90/150点
英語 50/100点

合計 200/350点

※国語は200点満点を150点満点に換算して計算しています。

勉強前は偏差値32だった淳さんが、わずか100日でこれほどの点数を獲得したのはすごいことですよね!

しかし、合格ラインは非情にももっと高い水準なのです。

淳さんの第一志望である青山学院大学法学部の合格ラインは、

298/350点(得点率85.1%)

というとても高い点数です!

(2017年度入試のデータを参照しました)

残念ながら、合格ラインには届かなかったわけです。

今年の受験では不合格に終わった淳さんですが、本人の口からは再受験という単語が出てきました!


スポンサードリンク


来年の再受験の可能性は?

さあ、本題の再受験リベンジについて見ていきましょう!

淳さんは合格発表の結果を知ったとき、とても悔しそうな表情をしていたのですが、

「そんなに落ち込んでいない。今年落ちただけでしょって思っている。」

というコメントを残しています。

どうやらまだ受験の志はなくなっていないようですね!

続けて、

「青学で法学を学ぶ道は絶たれたけど、来年また再受験して法学部に入る道もあるし、法学の資料を自分で見て学ぶこともできる。」

と、法学を学ぶ意欲もまだまだ失っていないです!

受験が終わっても英単語の勉強を続けているらしく、自身の中で再受験の選択肢はゼロになっていないことがわかりますね。

ただ、気になる発言もしてまして、

「今は「来年もやるぜ!」とは言えない。それぐらいしんどかったから。ただ、何かしらのチャレンジはすると思う。法律を学ぶことは本当にやりたいので。」

と、再受験についてのはっきりした発言はしていませんね。

再受験にしろ、別の選択肢にしろ、今後も法学を学ぶ道を突き進むようなので、まだまだ応援していきましょう!

夢を追いかける人は本当にキラキラと輝いていますね。

田村淳さんの今後に注目です!

まとめ

・受験理由は法学を学ぶため
・合格ラインは得点率85.1%
・法学を学ぶ意志は継続中

スポンサードリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このエントリーをはてなブックマークに追加