2018インフルエンザ流行!地域別、年齢ランキングは?休校も


1月26日、厚生労働省がインフルエンザの患者数が過去最多となったことを発表しました。

インフルエンザ患者に関する統計を取り始めた1999年以降、最も多い患者数だといいます。

では、今年のインフルエンザはどの程度の影響を及ぼしているのか、詳しく見ていきましょう!

スポンサードリンク


今年の患者数

厚生労働省の発表によると、全国約5000の医療機関から報告された患者数は、

15日~21日の1周間で1医療機関あたり51.93人

となっています。

この数字が大きそうなのはなんとなくわかると思いますが、実際どの程度多いのでしょう?

「インフルエンザ大流行」を示す警報レベルという基準があるのですが、30人を超えた時点で警報となります。

ということは、51.93人という数字は警報の2倍弱となるので、相当に多いことがわかると思います。

この1周間に、全国の医療機関を受診した推計患者数は283万人で、前週の171万人から約60%も増加しています!

都道府県別患者数ランキング

全国でインフルエンザ患者が増えているのはわかったと思います。

では、都道府県別で見るとどうなのでしょうか?

1医療機関あたりの報告数をランキング形式で見てみると、

1位 鹿児島県 86.53人
2位 宮崎県 84.97人
3位 福岡県 83.99人
4位 大分県 82.40人
5位 佐賀県 69.64人

と、九州地方での患者数が多いことがわかりますね。

その他、主要な都道府県では、

東京都 49.67人
愛知県 62.12人
大阪府 44.17人

と、いずれも警報レベルの基準である30人を上回っていることがわかります。

スポンサードリンク


学級閉鎖、休校は?

地域別の患者数は上で見ましたね。

では、小学校、中学校といった子供のインフルエンザ流行はどうなっているのでしょうか?

全国の小中学校のうち、学級閉鎖、学年閉鎖、休校となったのは、

合計7536施設

という報告が入っています。

前週は160施設であり、実に47倍に増加しているのです!

入院患者も?

インフルエンザ患者の増加に伴い、入院となる重症のケースも増えています。

報告された入院患者数は、全国で2370人となっており、前週の1742人から36%増加しています。

年齢別で見ると…

年齢別では、80歳以上の患者数が835人と、全年代で最多となっています。

やはり、加齢による免疫力低下の影響は避けられないようですね。

重症化するケースも多いので、より一層の注意が必要となります。

まとめ

・1周間の患者数は全国で283万人
・1医療機関あたり51.93人
・九州地方での流行が目立つ
・休校は7536施設
・入院患者数は2370人
・80歳以上が最も多い

スポンサードリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このエントリーをはてなブックマークに追加