イースターは連休?2018年はいつ?うさぎやエッグをプレゼント!


まもなく4月が始まろうとしていますが、最近コンビニやスーパーで「イースター」という言葉を目にすることはありませんか?

なんとなくお菓子が関係しているっぽいことはわかりますが、詳しい内容は知らない人が多いですよね。

そこで、今回はこの「イースター」について取り上げていこうと思います!

これを読んで、流行の話題に乗り遅れないようにしましょう!


スポンサードリンク

 

イースターとは?

では、イースターとは何なのかという疑問から見ていきます。

イースターの主役はかの有名なイエス・キリストです。

キリストが処刑されたという出来事はあなたもご存知のことと思いますが、処刑された3日後、キリストはなんと復活を果たしたのです!

この復活を祝うことを目的として、イースターというお祭りが開催されるようになったわけです。別名「復活祭」というくらいですから、イースターという日のおめでたさが伝わってきますよね。

日本では馴染みがないのも無理はないでしょう。

日本は仏教やキリスト教が入り乱れており、お寺もあれば教会もありますよね?

クリスマスほど名の知れたイベントならともかく、国としてキリスト教を支持しているわけではないので、なかなか広まらなかったのだと思われます。

それが今や、小売店を中心にだんだんと拡大しつつあるので、この機会にイースターというイベントを抑えておくと、話についていけなくて困ることも少なくなるのではないかと思います。


スポンサードリンク

 

2018年はいつ?

では、イースターとはいったいいつのことを言うのでしょうか?

イースターの定義をそのまま見てみると、

春分の日から最初の満月の日の後、最初の日曜日

ということになります。少しわかりづらいので、2018年を例に一つずつ見てみましょう!

まず、2018年の春分の日は3月21日です。

そこから初めて満月になる日は3月31日。

それ以降で、初めて日曜日となる日付は4月1日になります。

つまり、2018年のイースターは4月1日にあたるわけです。

イースターが連休となるかどうかですが、日本では連休とはなりません

ヨーロッパやアメリカなどキリスト教が広く普及している国だと、イースターの前後の金曜日~月曜日が連休になるようですね。

ちなみに、イースター前の金曜日をグッド・フライデーイースター後の月曜日をイースター・マンデーと呼びます。


スポンサードリンク


うさぎやエッグをプレゼントする意味は?

イースターと検索してみると、うさぎやエッグ(カラフルな卵)の画像が大量にヒットしますよね。

では、なぜうさぎとエッグなのでしょう?

うさぎは、子供をたくさん産むことから豊かな生命の象徴とされています。

一方エッグは、生命の誕生の象徴とされています。

キリストの復活にちなんで、生命がテーマとなっているわけですね。

そのため、イースター当日にはうさぎやカラフルな卵をプレゼントし合う風潮があるのです。

ぜひあなたも今年のイースターに参加してみてはいかがでしょうか?

まとめ

・イースターはキリストの復活祭
・2018年は4月1日
・うさぎや卵は生命の象徴

スポンサードリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このエントリーをはてなブックマークに追加