平山相太引退の理由は?今後の進路はコーチ?福岡復帰か【画像あり】


1月26日、サッカー選手の元日本代表FW平山相太(32)が現役を引退することを発表しました。

高校時代から「怪物」と呼ばれ、超高校級のプレーを見せる平山選手の引退には名残惜しい声が多数上がっています。

引退の理由はなんなのか?そして、引退後の進路はどう考えているのか?
詳しく見ていきましょう!

スポンサードリンク

 

プロフィール

まずは平山相太選手のプロフィールをおさらいしましょう!


福岡県北九州市出身

国見高校在学中に全国高校サッカー選手権に出場

高校卒業後、筑波大学に入学

2005年オランダ・ヘラクレスに加入

2006年FC東京に加入

2017年ベガルタ仙台に加入

高校時代は「怪物」と呼ばれていて、「平山に次ぐ怪物はもうでてこない」とまで言われていました!

海外で挑戦するも、わずか1年で帰国し、FC東京には12年間在籍しました。

昨シーズンにベガルタ仙台に加入するも、1シーズンで今回の引退発表に至っています。

では、平山相太選手の通算成績も続けて見ていきましょう!

通算成績

リーグ戦通算成績

J1 168試合出場 33得点

J2 1試合出場 0得点

オランダ1部 32試合出場 8得点

代表戦

2003年、2005年 世界ユース選手権出場(現在のU-20W杯)

2004年 アテネ五輪出場

2010年 A代表選出

J1で12年間活躍し、日本代表にも複数回選ばれている実績があります。

ただ、10年以上前の話になるので、若い世代の間ではあまり馴染みがない名前だと思います。

スポンサードリンク

 

昨シーズンの活躍

引退間際の活躍を見てみましょう!

2017年度にあたる昨シーズンは、FC東京からベガルタ仙台に完全移籍で加入した年でした。

ベガルタ仙台では、リーグ開幕戦はベンチ入りするも出場機会なしで終わり、その後はメンバーを外れています。

2017年3月11日には左くるぶし付近の腱脱臼で手術を受け、全治3ヶ月の診断を受けます。

そして、公式戦出場なしのまま、シーズンを終えてしまいました。

引退の理由

今回発表された引退の理由なのですが、主な理由はケガになります。

本人曰く、度重なるケガのため、現役を退くとのことです。

昨シーズンの手術、公式戦未出場という事実が引退を後押ししたのもあるでしょう。

スポーツ選手にとってケガというものは、選手生命を左右する深刻な問題ですからね。

どんなに素晴らしい選手でも、ケガには勝てません。

引退後の進路

引退後の進路に関してですが、まだ本人の口からは明らかにされていません。

ただ、考えられる選択肢としては、監督やコーチといった指導者として復帰する道が濃厚なのではないでしょうか?

それがJリーグなのか、地元福岡の高校、ジュニアチームなのかは注目すべきポイントですね。

本人のコメント

引退にあたって、平山選手本人がメッセージを残しています。

以下、その全文になります。

「まず、開幕前の大事な時期にクラブに迷惑を掛けてしまうことを申し訳なく思っています。

また、決断を尊重してくれたことに感謝しています。

1年という短い期間でしたが、監督、スタッフ、選手、ベガルタ仙台に関わる全てのみなさまから親切にしていただき、クラブの一員だと実感できました。

そして、もっともっと強く成長していくクラブだと確信しており、ファン、サポーターのみなさまにはこれからも応援していただき、温かく見守ってほしいと思います。

11年間在籍しましたFC東京には、自分の家のような感覚を持っています。

喜び、楽しさ、悔しさ、悲しみ、たくさんの思い出があります。

多くの方々との出会いも宝物です。

13年間たくさんのご声援、本当にありがとうございました。」

スポンサードリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このエントリーをはてなブックマークに追加