選抜高校野球2018日程と組み合わせは?出場校一覧、優勝候補は?


3月16日、選抜高校野球2018の大会日程とトーナメントの組み合わせが決定しました!

高校野球ファン待望の知らせを受けて、日程と組み合わせを一覧にして見てみようと思います。

出場校の一覧はもちろんのこと、今大会の優勝候補はどの高校になるのかも合わせて見ていきますよ!

予備知識を入れて、2018年の選抜も全力で楽しんでいきましょう!

チケットの入手についてはこちらをどうぞ
→選抜高校野球2018チケットの値段はいくら?販売はどこで?種類は


スポンサードリンク


選抜高校野球2018の出場校一覧

まずは出場校の一覧から見ていきます。

北から南へ向けて、順番に記載していきます。

駒大苫小牧(北海道) 4年ぶり4回目

花巻東(岩手) 6年ぶり3回目
日大山形(山形) 36年ぶり4回目
聖光学院(福島) 5年ぶり5回目

明秀日立(茨城) 初出場
国学院栃木(栃木) 18年ぶり4回目
中央学院(千葉) 初出場
日大三(東京) 2年連続20回目
慶応(神奈川) 9年ぶり9回目
東海大相模(神奈川) 7年ぶり10回目

静岡(静岡) 2年連続17回目
東邦(愛知) 2年ぶり29回目
三重(三重) 4年ぶり13回目

富山商(富山) 9年ぶり6回目
日本航空石川(石川) 初出場
星稜(石川) 13年ぶり12回目

近江(滋賀) 3年ぶり5回目
彦根東(滋賀) 9年ぶり4回目
乙訓(京都) 初出場
大阪桐蔭(大阪) 4年連続10回目
智弁学院(奈良) 3年連続12回目
智弁和歌山(和歌山) 4年ぶり12回目

おかやま山陽(岡山) 初出場
瀬戸内(広島) 27年ぶり3回目
下関国際(山口) 初出場

英明(香川) 3年ぶり2回目
松山星稜(愛媛) 初出場
高知(高知) 5年ぶり18回目
明徳義塾(高知) 3年連続18回目

東筑(福岡) 20年ぶり3回目
創成館(長崎) 4年ぶり3回目
延岡学園(宮崎) 12年ぶり3回目
富島(宮崎) 初出場

※21世紀枠
由利工(秋田) 初出場
膳所(滋賀) 59年ぶり4回目
伊万里(佐賀) 初出場


スポンサードリンク

 

大会日程と組み合わせ

出場校を確認したところで、次は日程と組み合わせを見ていこうと思います!

3回戦以降についてはリアルタイムで更新していきますのでご了承ください。

23(金)第1日
10:30~ 東筑(福岡)vs聖光学院(福島)
13:00~ 英明(香川)vs国学院栃木(栃木)
15:30~ 明秀日立(茨城)vs瀬戸内(広島)

24(土)第2日
9:00~ 由利工業(秋田)vs日大三(東京)
11:30~ 静岡(静岡)vs駒大苫小牧(北海道)
14:00~ 日本航空石川(石川)vs膳所(滋賀)

25(日)第3日
9:00~ 明徳義塾(高知)vs中央学院(千葉)
11:30~ 富山商業(富山)vs智弁和歌山(和歌山)
14:00~ 智弁学園(奈良)vs日大山形(山形)

26(月)第4日
9:00~ 下関国際(山口)vs創成館(長崎)
11:30~ 大阪桐蔭(大阪)vs伊万里(佐賀)
14:00~ 花巻東(岩手)vs東邦(愛知)

27(火)第5日
9:00~ (東筑vs聖光学院の勝者)vs東海大相模(神奈川)
11:30~ (英明vs国学院栃木の勝者)vs延岡学園(宮崎)
14:00~ (明秀日立vs瀬戸内の勝者)vs高知(高知)

28(水)第6日
9:00~ 彦根東(滋賀)vs慶應義塾(神奈川)
11:30~ 乙訓(京都)vsおかやま山陽(岡山)
14:00~ 松山星稜(愛媛)vs近江(滋賀)

29(木)第7日
9:00~ 星稜(石川)vs富島(宮崎)
11:30~ (由利工業vs日大三の勝者)vs三重(三重)
14:00~ 3回戦

30(金)第8日
9:00~ 3回戦
11:30~ 3回戦
14:00~ 3回戦

31(土)第9日
8:30~ 3回戦
11:00~ 3回戦
13:30~ 3回戦
16:00~ 3回戦

4/1(日)第10日
8:30~ 準々決勝
11:00~ 準々決勝
13:30~ 準々決勝
16:00~ 準々決勝

2(月)第11日
休養日

3(火)第12日
11:00~ 準決勝
13:30~ 準決勝

4(水)第13日
12:30~ 決勝


スポンサードリンク

 

今大会の優勝候補は?

日刊スポーツによると、今大会の出場校のうちAランク評価を受けたのは5チームあります。

大阪桐蔭

投打ともに全国トップクラスの実力を持つ大阪桐蔭。

メンバーには、

柿木蓮投手
横川凱投手
中川卓也内野手
根尾昴内野手
山田健太内野手
藤原恭大外野手

ドラフト候補選手が6人もいるスター軍団となっています!

中でもドラフト1位候補と言われる根尾昴選手は、4番を打ちながらも、投手として最速148キロをマークするまさに怪物です!

投打の軸として大阪桐蔭の連覇を支えます。

創成館

明治神宮大会で大阪桐蔭を破った経験のある強者が長崎からの参戦。

河原陸、戸田達也、伊藤大和、七俵陸と4人の投手を擁するのが特徴です。

投手王国創成館を打ち崩すのは至難の技とあって、各校の攻略が見ものですね!

明徳義塾

明治神宮大会を制し、優勝に輝いたのは明徳義塾でした。

注目選手はエースの市川投手。

公式戦10試合をたった1人で投げ抜くスタミナと、スリークォーター気味の独特なフォームから繰り出される最速145キロの直球が持ち味です。

甲子園に6季連続で挑む馬渕監督の「甲子園50勝」をかけた節目の試合となります!

東海大相模

「打倒大阪桐蔭」をどの高校よりも意識する東海大相模は、「大阪桐蔭を倒さなければ優勝はできない」と熱気に溢れています。

門馬敬治監督は、小松主将が入学する年の入学説明会にて、

「全国の選手が大阪桐蔭に行っている。ここを倒さない限り、君たちが目指す頂点は取れないんだよ!」

と闘志あふれる言葉をかけたといいます。

室内練習場のホワイトボードには、大阪桐蔭の投手が持つ球種が書かれているそうです。

智弁和歌山

昨年、阪神など3球団でプレーをした元プロ野球選手であるOB中谷仁をコーチに呼び、プロ仕込みの指導を選手に施している智弁和歌山。

平田投手、主砲の林選手をはじめ、昨夏の主力選手が多数残っているのが強みです。

同じく「打倒大阪桐蔭」を掲げているだけに、その士気は十分高まっていることでしょう!

大会のチケット入手についてはこちらの記事もどうぞ
→選抜高校野球2018チケットの値段はいくら?販売はどこで?種類は

まとめ

・出場校は計36校
・3月23日~4月4日の13日間
・優勝候補は大阪桐蔭、創成館、明徳義塾、東海大相模、智弁和歌山

スポンサードリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このエントリーをはてなブックマークに追加