吉田知那美は競馬ファン?上司がソダネーの馬主!姉もカーリング選手


平昌オリンピックで銅メダルを獲得したカーリング女子の吉田知那美選手が、実は競馬ファンだったことがわかりました。

同じLS北見の藤澤五月選手も同じく競馬ファンということで、ますます人気が出そうですね!

そこで、吉田知那美選手のプロフィールをまとめてみました。

カーリング女子といえば、メンバー内で交わされる「そだねー」という方言が注目されていますよね?

なんと、その人気は留まることを知らず、ソダネー」という名前の馬が誕生することにもなったのです!

さらに、吉田知那美選手にちなんで、あまり明かされていない姉についても見ていきたいと思います。

ちなみに、同じLS北見の吉田夕梨花選手は妹なのでご注意を!

それでは、詳しく見ていきましょう!


スポンサードリンク

 

吉田知那美のプロフィール


本名:吉田 知那美(よしだ ちなみ)

生年月日:1991年7月26日(26歳)

出身:北海道常呂郡常呂町(現北見市)

所属:ロコ・ソラーレ(LS北見)

2014年ソチオリンピックでは日本代表として出場し、今回の平昌オリンピックでは銅メダルに輝きました。!

現在は北見市となりましたが、出身の常呂町はカーリングの本場とも言われています。

吉田選手は小学2年生からカーリングを始めたそうですね。

中学時代には2006年の日本カーリング選手権に出場し、当時トリノオリンピック日本代表だったチーム青森に予選リーグで勝利するなど、すでにその才能の片鱗が見えていました。

高校卒業後にはバンクーバー(カナダ)へ留学し、カーリングを改めて学び直すという勤勉さも持ち合わせていました。

帰国後、北海道銀行へ入社し、北海道銀行フォルティウスの一員としてプレーを始めます。

ソチオリンピックに日本代表として出場するものの、北海道銀行から戦力外通告を受け、現在のLS北見に加わることとなりました。

2016年の世界選手権では銀メダルを獲得するなど、カーリング選手としての実績は十分にあるようです。


スポンサードリンク


競馬界の「ソダネー」って?

吉田知那美選手はじめ、カーリング女子といえば、試合中に発する方言が話題となっていますよね?

平昌オリンピックで流行した「そだねー」という方言が、なんと馬の名前として使われることになりました!

命名したのはJRA馬主の國分純さん(58)という方なのですが、自身が所有している2歳の馬に「ソダネー」と名付けたそうです。

母はカアチャンコワイ、父はシニスターミニスターと大変ユーモアあふれるネーミングですね!

そんなおちゃめ心たっぷりの國分さんとは、いったい何者なのでしょうか?

実は、吉田知那美選手の妹、吉田夕梨花選手の所属する会社の上司だというのです!

部下の活躍を受けてこのようなことをするとは、よっぽどいい人なのでしょうね。

なんでも、吉田知那美選手と藤澤五月選手は競馬ファンということで、國分さんとは親交があるのだそう。

今後、吉田知那美選手が競馬界に参入する可能性もありそうですね!

ソダネーは早ければ今年の夏にデビューする予定だそうですよ。

姉もカーリング選手だった!

吉田知那美・夕梨花姉妹が平昌オリンピックでの活躍を受けて注目されていますが、2人の姉がいることはご存知だったでしょうか?

吉田知那美選手より6つ年上で、名前を吉田菜津季さんといいます。

吉田菜津季さんもカーリングをしていたそうで、ジュニア時代には全国大会に出場するほどの実力だったそうです!

しかし、専門学校を卒業後に就職し、カーリング競技からは離れてしまったといいます。

もし現在もカーリングを続けていれば、三姉妹でオリンピックに出場する姿を見れたのでしょうか?

少し残念な気もしますが、吉田菜津季さんが自身で決めた道ですから、誰にも口を挟むことはできませんね。

まとめ

・吉田知那美選手のプロフィール
・ソダネーの馬主は妹の上司
・姉も元カーリング選手

今回は以上のことについて取り上げました。

カーリング女子の影響が競馬界にも及んだということで、非常にうれしいことですよね!

今後は、吉田知那美選手の競馬情報にも注目していきましょう!

合わせて読みたい!
→藤澤五月は保険代理店勤務で所属どこ?過去の成績は?タバコの銘柄は
→カーリング娘CDデビュー?歌詞や発売日は?そだねーが嫌いと批判も

スポンサードリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このエントリーをはてなブックマークに追加